トップ >  ブログ
ブログ
前の記事へ
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

成年後見制度 出前講座(南が丘町内会「はつらつサロン」)

皆さん、こんにちは。成年後見支援センターの清水です。

 

今日は、先日6月8日に行った成年後見制度の出前講座(今年度第1発目)についてお伝えします。

 

 

依頼先である南が丘町内会「はつらつサロン」は、私が地域ふれあいサロンの担当だった平成24年の4月に立ち上がったサロンで、当時活動の様子を取材に伺った時以来、約6年ぶりにお邪魔しました。

 

 

この日のサロンの参加者は天気が雨だったこともあり8名。

普段は15名ほど集まるそうです。

 

 

スタッフの皆さん、私に気を使ってか、地域の方に電話をし参加のお誘い。

やはり天候のこともあり参加は難しいようでしたが、このような連絡も1つの安否確認につながります。

 

 

さて、この日のサロンのプログラムは、まずは歌。

 

 

参加者に歌詞カードが配られ、四季の歌、かたつむり、お座敷小唄の替え歌でボケない小唄を歌いました。

 

その後は、ひゃっぴい体操、レクリエーション(的当てゲーム)を行いました。(当然清水も全て参加。)

 

 

その後、頭と身体を休めるために休憩を取り、お茶菓子をいただきました。

 

 

写真の真ん中にあるお菓子は、この日の参加者で最高齢91歳の女性の方が用意してくれたものとのことで、大変おいしくいただきました。

 

 

そして、休憩を取った後に出前講座として「成年後見制度について」をテーマに40分ほどお話しさせていただきました。

 

説明に時間目いっぱい使ってしまったため、皆さんとの意見交換はなかなかできませんでしたけど、困った時には成年後見支援センターに相談すればいいということはお伝えできたのかなと思います。

 

 

成年後見支援センターでは、町内会や福祉事業所等への出前講座に積極的に取り組んでおりますので、何か勉強会を企画している団体の方は、ぜひご活用いただければと思います。

投稿日:2018年06月13日

はつらつサロンにお邪魔します!!

こんにちは!國府田です!

 

 

先日、南が丘町内会で開催されている「はつらつサロン」に行ってきたので皆さんにお知らせしたいと思います。

 

 

このサロンでは、皆さん「自分でできることは自分でやる」というお気持ちで、お一人お一人が準備から片付けまで、それぞれの人ができることを全員で取り組まれています。

 

 

それでは、私が訪問した日のプログラムをご紹介します!

 

・10時 ~   歌

 

・10時半~   レクリエーション

 

・10時50分~ 休憩・紙芝居

 

・11時半~   漢字ゲーム「仲間を探そう」

 

・11時50分~ 脳の活性化についてお話

 

 

ゴールデンウィーク明けということもあり、皆さん病院などの用事で参加者は12人でしたが、明るく元気に地域ふれあいサロンを楽しまれていました。

 

レクリエーションでは、赤い羽根共同募金の助成を受けて岩見沢市社会福祉協議会の実施している「レクリエーション用具貸出事業」から、「羽根っこゲーム」をご利用されていました。

 

 

床に敷かれた的を目がけて、羽根の付いたおもりを投げて合計点を競います。自分の干支のところに落ちれば得点アップです。

 

得点計算で頭を、投げる動作で身体を使うゲームなのですが、皆さん大変熱中していらっしゃいました。年齢が上の方ほど上手いという、「技」の差がでましたね!

 

 

紙芝居では、はつらつサロン代表の濱野さんが「瞼(まぶた)の母」を読まれました。

 

 

内容は・・・図書館等でご自分で確かめていただければと思います。切ないお話です。濱野さんは普段から福祉施設で紙芝居の読み聞かせ等も行っていることもあり、読み方がとってもお上手で、思わずほろりときてしまいました。

 

 

漢字ゲームでは仲間探しということで、「木へんのつく漢字」を皆さんで書き出していました。「アッ!そんなのもあったね!」というものから、「そんな字あるの?知らなかった!」という字まで、合計32個もの木へんのつく漢字がたくさん出てきました。

 

時間の関係で途中で切り上げとなったのですが、まだまだ余力を残されている方がちらほら・・・

 

是非今度、國府田に会ったとき、皆さんの知っている難しい漢字や、こんなゲームも面白いよ!というのがありましたら教えていただけると幸いです。

 

 

最後に今日使った脳の機能を解説されていました!当日のメニューが脳の色んな機能が活性化するよう組まれていることがうかがえました。

 

 

全体を通して、参加者の方が楽しみながら健康になれる素敵なプログラムで、大変勉強になりました。皆さんと次にお会いするときまでに、私も地域ふれあいサロンの担当として、もっと精進したいと思います!

 

市内で訪問できていない地域ふれあいサロンは残り10箇所以上!なんとか今年中にお邪魔できたらと思います・・・!

 

はつらつサロン代表の濱野さん!参加者の皆さん!

ありがとうございました!

國府田(こうだ)

投稿日:2015年05月20日

平成26年度 地域ふれあいサロン研修交流会について

皆さんこんにちは!國府田です!

 

道内は各地で強風や大雪となっておりますが、皆様はお怪我をされたり、体調を崩したりしていませんか?

 

次年度に向けて元気なお顔を見せていただけると嬉しいです!icon_biggrin.gif

 

 

今回は平成27年1月27日に開催した「平成26年度 地域ふれあいサロン研修交流会」について、皆さんにご紹介したいと思います!

 

 

この事業は岩見沢市内で、社協の助成事業を活用し活動している地域ふれあいサロンの実践者が一堂に会し、基調講演や演習、他サロンとの交流を通し、それぞれの活動に資することを目的に開催しております。

 

 

今回は基調講演に、北星学園大学 社会福祉学部 福祉計画学科 学科長 岡田 直人氏を講師としてお呼びし、「地域ふれあいサロンの意義と活動の活性化に向けて」というテーマでお話をしていただきました!


地域福祉の観点から地域ふれあいサロンの意義役割についてお話していただき、参加者の皆さんが改めて自分たちの活動について考えるきっかけにしていただくとともに、活動上の課題を整理し、問題点に対する見直しのポイント働きかけ方など、今後一層のサロン活動の活性化と、これからも継続的に実施するためのヒントについてお話していただきました。

 

岡田先生の、「地域福祉活動は、あるもので美味しくチャーハンを作ることに似ている。アイデア勝負で、既存のもので何が作れるかのイメージの構成力が重要である。あり合わせの材料に味を調える調味料が専門職の力ともいえる」という話は、きっと、参加者の皆さんがまた地域に戻ってサロン活動に取り組むための励みになるのではと感じました!

 

参加者の皆さんからは、岡田先生の冗談や体験談を交えた講演に、時に声をあげて笑い、講演終了後には自分達のふれあいサロン活動の今後について熱心に語り合う様子がみられました。

 

講演終了後は、栗沢デイサービスセンターの職員が地域でお金をかけずにできる簡単なレクリエーションについて参加された皆さんと一緒に演習を行いました!

 

 

身体や頭を使うのはとても良いことですが、お金や大変な労力をつかうのは皆さんも避けたいものですよね!

 

地域に戻ってからも今回学んだレクについて他の参加者の皆さんにも教えていただけたらと思います!

 

最後に、交流会を行いました。「まだまだ話したりない!」、「時間が足りないよ~」といった声も少なくはなかったです。

 

 

今回の研修交流会を終えて、先程の参加者の方からいただいた声や、いただいたアンケートのの中でも「交流の場を作ってほしい」というご意見をいただきましたので、研修や演習とは別に、地域ふれあいサロンの実践者の皆さんを対象に、交流や意見交換を主にした場づくりについても、考えていけたらと思っております。

 

岩見沢市社会福祉協議会では、今後も皆さんからあがった声や、新しい試みなどについても、ひとつひとつに寄り添って支え合い、実現していきたいと思います。

 

参加者の皆さん、岡田先生、ありがとうございました!

國府田(こうだ)

投稿日:2015年03月13日

「すこやかサロン」に行ってきました!!

皆さん明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします。


お久しぶりです、國府田です。昨年は社会人1年目、初岩見沢ということで、色々なとまどい(主に降雪量)もありましたが、私自身、ひとつの大きな転機となりました。

 

まだまだ未熟者ですが、これからも岩見沢に住む皆様のため日々努力してまいりますので、よろしくお願いします。

 

さて、もう去年のことですが、私が訪問した西町会地区で行われている『すこやかサロン』のことについて皆さまに紹介したいと思います!


このサロンは、設立からもう少しで4年が経ちますが、歌やラジオ体操、体操など色々なことに取り組んでいるサロンです!

 

 

この日は、講師として「栄養さぽーとBスタッフ」より、管理栄養士さんを招いて研修会が開かれていました。



研修会では講話などの他に、参加者の味覚感度を測る「味覚テスト」を皆さんと一緒に行いました。

まず、水の入った紙コップをいくつか用意します。そして、その中にそれぞれ塩、砂糖、酢などの調味料を少量混ぜ、味だけでその水には何が入っているかを予想し、味覚の感度を測定するというものです。

 

 

最後は皆さんと一緒にお昼ご飯を食べさせてもらいました。お弁当の他には、管理栄養士さんの指導のもとその日の栄養を補うよう考えられたおかずもありました。皆さんはご飯を食べながら「この食べ物はどの味覚と関係あるんだろう?」「このおかずはどの栄養素が入ってるのかな?」と話し合いながら食べていました。

 

運動だけでなく、食育で身体の内側からも元気にする素晴らしいサロン活動でした!

 

 

岩見沢市社会福祉協議会では、地域ふれあいサロンの立ち上げ支援や、設立後の相談に応じたり、情報提供などを行っています。もし興味のある方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください。

 

すこやかサロンの皆様、ありがとうございました!!

國府田(こうだ)

投稿日:2015年01月29日

オープンサロンかっこう

こんにちは、國府田です!

 

10月も半分以上が過ぎ、冷え込んできましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか

これからちらほらとが降り始めてくるかと思いますが、冬の対策はお済みでしょうか?

私はついに掛布団を出しました!が、逆に暑くて仕舞おうか検討中です・・・

 

 

先日、岩見沢市社会福祉協議会の助成を受けて活動している地域ふれあいサロンの「オープンサロンかっこう」へお邪魔しました!

 

私が行ったのは食事会の日でした!皆さん自然な会話の中で「あの人、最近見てないけど元気かなぁ」、「こないだの晩通りがかった時は、ちゃんとお家の電気ついてたよ!」と近所の人の様子について報告しあう等、情報交換が盛んに行われていました。

 

さらに食事会の他にも、講師を招いての詐欺対策教室なども開いたり、色々な情報を積極的に取り入れているサロンでもあります。

 

 

そして食事会にも参加させていただきました!!!ありがとうございます!!!色鮮やかなお野菜お魚が美味しかったです。ご飯もサクラエビでピンクに染まって綺麗でした。参加者の方に、「皆がそれぞれ食べ物やお菓子を持ち寄って食事会ができてるんだよ」と教えていただきました。

 

行くと顔馴染みの仲間がいて、地域の情報が集まってきて、皆で美味しいご飯を作って食べる。日頃、家を出る用事がない人、出るのが億劫な人でも、このサロンの様に皆で集まる楽しさを知っていただければと思いました。

岩見沢市社会福祉協議会でも、市内の地域ふれあいサロンの活動に対して、助成を行っております。その助成金には、皆さまから頂きました「共同募金」が使われております。皆さんからの温かい気持ちは、サロンをはじめ様々な形で地域に還元されております。

 

私自身、これからも地域をより良くしていくための仕組みづくりについて、もっと勉強して皆さんと一緒に考えていきたいと思います!

 

オープンサロンかっこうの皆さん、ありがとうございます!!

 

投稿日:2014年10月23日

前の記事へ