トップ > ボランティアセンター

ボランティアセンター

ボランティアセンター

岩見沢市ボランティアセンター
〒068-0031
岩見沢市11条西3丁目1番地9
岩見沢広域総合福祉センター内
開設時間 月~金 10:30~15:30
TEL・FAX 0126-25-5516
この時間以外の相談は、
社会福祉協議会の職員がお受けします。
※ 土曜・日曜・祝日はお休み
TEL 0126-22-2960
FAX 0126-24-4977

ボランティアセンターとは

 

岩見沢市ボランティアセンター(通称:ボラセン)は、岩見沢市におけるボランティア活動の普及・推進の拠点として岩見沢市社会福祉協議会が運営しています。
ボランティアセンターのお仕事は、岩見沢市社会福祉協議会の職員とボランティアコーディネーター、ボランティアアドバイザーが行っています。

【ボランティアコーディネーター・ボランティアアドバイザーって?】
岩見沢市社会福祉協議会会長より委嘱を受けた無償の協力員
で、現に地域やボランティア団体に所属して活動している実践
者の方々です。皆さんからの相談や依頼に対して、これまでの
ボランティア経験を活かして親身に対応してくれます。

ボランティアセンターの機能と役割


つなぐ・はげます(相談・連絡調整)


あつめる・しらせる(情報収集・情報提供)


まなぶ・そだてる(育成・助言)


しらべる・かんがえる(調査・研究)


ボランティア登録について


ボランティアセンターでは、ボランティアを必要とする方々を適切に支援するため、ボランティア活動に取り組む団体・個人の方々に登録をいただき、ボランティアにかかわる情報の提供、各種講座・研修会の案内、相談・援助などといった支援を行っております。

ボランティアセンターへの登録には、次の性格、要件が必要となります。

◆活動の性格

  1. 自発性(自分から進んでする活動)
  2. 無給性(ただし、活動に要する経費や実費については、無償の範囲とする。)
  3. 公益性(地域社会とかかわり合いをもつ活動)
  4. 創造性(助け合いの精神に基づき相互に活動の意義を認め合うこと。

 

◆登録の要件(団体)

  1. 岩見沢市ボランティアセンター団体登録申請書(様式―1号)の提出
  2. 会則の提出
  3. 会員名簿の提出(※団体の構成員は5名以上とします)
  4. ボランティア活動保険等の加入
  5. ボランティア活動実施報告書(様式-3号)の提出(更新時)
  6. 総会資料の提出(※可能な限り提出するものとします)

※2、5につきましては、必要事項が6の総会資料の中に記載されていましたら、提出の必要はありません。

◆登録の要件(個人)

  1. 岩見沢市ボランティアセンター個人登録申請書(様式―2号)の提出
  2. ボランティア活動保険等の加入

 

ボランティア登録のことについて詳しく知りたい、または、登録を希望される団体・個人の方は、ご連絡いただくか、ボランティアセンターまでお越しください。


ボランティア活動保険

ボランティア活動中のさまざまな事故によるケガや損害賠償責任を補償します。

◆ボランティア活動保険・ボランティア行事用保険の紹介

◆ボランティア活動保険助成の説明

ボランティア活動保険料の加入金負担につきましては、ボランティア登録後3年間は各自負担を原則とします。

VCに登録した団体(個人)で、3年以上の活動実績を有し、かつ、その後の活動の継続が可能な団体(個人)でVCの事業及び全市的なボランティア活動に参画する意向の団体(個人)につきましては、予算の範囲内でボランティア活動保険を助成いたします。
詳細については、ボランティアセンターまでお越しください。

◆福祉体験学習

総合的な学習で福祉体験学習を計画している先生へ
ボランティアセンターでは市内の各学校と連携し、福祉体験学習を実施しています。
福祉体験学習計画の参考資料として、「福祉体験学習メニュー表」を取り組みをまとめましたのでご活用ください。


ボランティア情報

登録団体の紹介
実際にボランティアセンターに登録している25団体をご紹介します。各団体の会の目的、活動内容、活動のモットーや想いなどは、こちらからご覧になれます。
登録ボランティア団体紹介パンフレット(H26.7作成) 

ボランティアセンター情報誌「おもいあい」

ボランティア関係資料