トップ > 社会福祉協議会の寄付金及び会員会費制度

寄付金について

 岩見沢市社会福祉協議会では、本会の運営理念や活動、事業の趣旨に賛同いただける市民のみなさまの寄付金をお受けしています。寄付金や寄付物品は、社会福祉協議会の事業や運営を行う上で貴重な財源となっておりますが、現在の社会福祉協議会は、大変な資金難になっております。岩見沢市が今以上に良くなるため、各種活動を行っておりますが、子どもから高齢者までを対象として幅広く活動を続けるためには活動資金が必要です。一人ひとりが地域で必要なサービスや支援を受けながら、いきいきと暮らし続けることができるまちづくりを進めるために、ご協力をお願いいたします。
 なお、寄付物品の中にはお受けできないものもありますので、事前にお問い合わせください。

※寄付申出書

会費・寄付、活動する!、岩見沢がよくなる!、ご支援に感謝!

◆活動内容◆

寄付金の例

寄付金に対する税法上の優遇措置について

「個人の場合」 (所得税法第78条該当)
所得税に係る寄付金控除の対象となっております。
確定申告の際に、本会が発行する領収書を所轄税務署へご提出ください。

《 所得税の寄付金控除額 》

寄付金額(年間所得の40%を限度とする額)-2千円

《 住民税の寄付金税額控除額 》

{寄付金額(年間所得の30%を限度とする額)-2千円}X10/100

「法人の場合」 (法人税法第37条該当)
一般の寄付とは別枠で損金の額に参入することができます。
詳しくは次の法人税法を参照してください。
(1)法人税法第37条第1項、(2)法人税法第37条第4項、
地方税法37条2 第1項第3号及び同法第314条の7 第1項第3号

《一般の寄付金損金算入限度額》(1)

特定公益増進法人《特別損金算入限度額》(2)

※これらの措置を受けるには確定申告に、本会の発行する領収書が必要となりますので、大切に保存してください。

(なお、詳しくはお近くの税務署や税理士にご確認ください。)


社会福祉協議会の会員会費制度

 岩見沢市社会福祉協議会は、地域のみなさまと共に力を合わせて地域福祉活動をすすめるために、活動財源の確保に努めています。
 社協会費は、全世帯のみなさまに一般会員として加入をお願いしています。
 その中で、特に社協の福祉事業推進にご賛同ご協力いただける方は賛助会員に、事業所や団体は特別会員に、株式会社・有限会社等は企業会員として社協会費にご協力をお願いします。

会員会費の区分

 ・一般会費 (主に町内会・自治会の会員) 1世帯 100円
 ・賛助会費 (個人で賛同された方) 1口 1,000円
 ・特別会費 (法人・事業所・団体など) 1口 5,000円
 ・企業会費 (株式会社・有限会社など) 1口 10,000円

募集期間

毎年4月~9月末まで各町内会、自治会及び事業所・団体・個人に加入の募集をいたします。

令和元年度社協会費の報告

 令和元年度社協会費については、多くの市民のみなさまからご協力をいただきありがとうございました。また、町内会、自治会等の関係者のみなさまには、会員加入運動にあたりご協力いただきありがとうございました。

一般会費  26,798世帯 2,679,800円
賛助会費  496口 496,000円
特別会費  73口 365,000円
企業会費  36口 360,000円

※過去の会費状況はこちらからご覧いただけます。

※入会申込書