トップ >  ブログ
ブログ
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

生活支援員研修交流会を開催しました!

 

みなさん、こんにちは。

久しぶりの更新となってしまいました。

 

最近暑い日が続いておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今日は先日7月27日に開催しました日常生活自立支援事業の担い手である生活支援員の研修交流会を開催しましたので、その様子をご報告したいと思います。

 

 

社協 髙松会長 あいさつ

 

 

研修交流会は、まず社協会長である髙松より生活支援員の皆さんに向けて開会の挨拶をさせていただき、その後、「日常生活自立支援事業の事業内容と推進状況について」ということで、私、清水が説明させていただきました。

 

 

説明

 

 

その後、社協の居宅介護支援課長の青柳より「介護保険制度の仕組みについて」を題して講義を行いました。

 

 

講義の様子

 

 

その後、最後に参加された生活支援員の皆さんで2つのグループに分かれて「私たちの活動について語り合おう」というテーマで交流をしました。

 

交流の内容としては、それぞれ自己紹介の後、生活支援員になろうと思ったきっかけや、現に利用者支援に携わっている方は、活動していて感じたこと、嬉しかったこと、悩んでいること等についてお話しいただき、まだ利用者支援に携わっていない方については、日頃、地域生活を送る中で認知症や障がいに関することで感じている等についてお話しいただきました。

 

 

交流の様子(1)

 

 

交流の様子(2)

 

 

研修交流会後、生活支援員の方からは、「支援員同士の交流がよかった。」、「各支援員のご苦労話や嬉しさも含めて知ることができた。」、「支援員の方とのお話は、とてもよい学習になり、少し安心感も感じることができ、やる気向上につながりそうだ。」といった声を頂き、参加された方々によって内容のあるものになったのかなと感じました。

 

今回、研修交流会を開催して、やはり生活支援員同士の横のつながりが大事であると感じました。

 

生活支援員の方々からは、今後の継続して交流の機会を設けてほしいという要望を頂きましたので、その願いに対応していけるよう今後も計画をしていきたいと思います。

 

参加された生活支援員の皆さん、お疲れさまでした。

 

 

【 しみず 】

 

 

投稿日:2016年08月04日

頼りになる生活支援員の皆さん。

 

皆さん、ご無沙汰してます。

 

今日の話題は、認知症や知的障がい、精神障がいなどにより判断能力に不安のある方に対して、福祉サービスの利用援助や日常的金銭管理等のサービスを行う日常生活自立支援事業の担い手である「生活支援員」について。

 

実は、昨日、7月に発行を予定している社協だよりに生活支援員の活動を掲載するため、生活支援員として活動いただいている高田さんにインタビューをさせていただきました。

 

 

インタビューでは、活動のきっかけや具体的な活動内容、活動していて嬉しかったことなどをお伺いしました。

インタビューの内容は、7月に発行される社協だよりをぜひご覧いただきたいと思います。

 

 

さて、岩見沢市では現在19名の方が生活支援員として登録いただいており、そのうち12名の方が実際に日常生活自立支援事業を利用している方の支援にあたっています。

そして、皆さんそれぞれが培ってきた社会経験を活かして利用者さんに寄り添った支援をしていただいています。

 

 

私たち職員は生活支援員の皆さんを指導・監督する立場となっておりますが、逆に生活支援員の方から的確なアドバイスや情報提供などをいただくことが多々あり、私たち職員にとってとても心強いパートナーです。

 

これからも社協職員と生活支援員の皆さんと2人3脚で支援を行っていければと思っております。

 

 

生活支援員の活動に興味のある方は、ぜひ社会福祉協議会生活支援係(電話35-5210)までご連絡を頂ければと思います。

 

 

(生活支援員の活動については、こちらをご覧ください)

生活支援員募集リーフレット

 

 

 

話は変わり、少し日にちが経ってしまいましたが、先日、石狩厚田の戸田記念墓地公園の桜を見に行ってきました。

 

 

天気も良く、絶好のお花見日和でした。

 

 

【 しみず 】

投稿日:2016年05月20日